記憶力が飛躍的にアップする七つのコツ

年を重ねるにつれて年々記憶力が低下しているように感じるという人は結構多いと思いますが、これは年齢のせいだけなのでしょうか。また、若い小中高生の皆さんの中にも、「私は、優秀な人と比べて覚える能力がないから、テストでいい点がとれない」とあきらめている人がいるのではないでしょうか。いえいえ、記憶力が悪いのは、決して年齢や能力のせいではありません!あるコツさえつかめば記憶力は驚くほどアップさせることができます。
記憶力をアップさせるトレーニングを積めば、誰でも暗記達人に変われます。特に小中高生の皆さん、勉強の9割は暗記と言われています。今日からすぐ実践できる記憶力を飛躍的にアップさせる七つのコツを紹介します。
           

コツその1  手で書いて覚える

社会人の皆さんは、例えば、会社のミーティングでメモ取りをパソコンでやっていませんか?スケジュールをスマホアプリで管理していませんか?ノートに手書きでメモしたり、スケジュールを手帳に手書きするのが面倒で、ついパソコンやスマホを使ってしまうことが多いと思いますが、パソコンやスマホは便利な一方で、実はとても記憶に残りづらいものです。勉強も一緒で、英語のスペルを覚えるとき、例えば「学生」という意味の英単語“student”を覚えるとき、パソコンで“student”と10回キーボードで打つのと、ノートに同じスペルを10回鉛筆で手書きするのを比べたとき、どちらが記憶に残りやすいかというと、断然手書きです。
手書きは時間がかかるかもしれませんが、記憶の定着を考えたとき最も有効な手段の一つなので、漢字や英単語、さらには社会や理科で出てくる固有名詞などを覚えたいときは、5回10回手で書いてみる習慣を身につけたいものです。

コツその2  時間の間隔を徐々に広げて復習する

記憶術のその2は『復習』です。こう言われても、勉強に『復習』は当たり前で、「そんなのはすでにやっている」という声が聞こえてきそうですが、暗記で大事なのは「復習する間隔」です。
例えば、10個の漢字を初めて覚えた後いつ復習するか?人間の記憶は、1度覚えた内容は、48時間で7割忘れると言われています。1ヶ月後に復習する場合は、何も覚えていないでしょう。何も覚えていないのであれば、それは復習ではなく新たに学ぶことと同じです。
一番効率的に記憶を定着させることができる復習サイクルはズバリ、
1回目:翌日に復習
2回目:1回目の復習から1週間後に復習
3回目:2回目の復習から1ヶ月後に復習
これを実践してみてください。3回目の復習の時には驚くほど記憶が定着しているはずです。一番大事なの
は「翌日」。これは是が非でも実践しましょう。

コツその3  寝る前に学習すると記憶に残りやすい

例えば、明日テストという時に、テスト勉強を寝るまでにやるか朝起きてやるか、どちらがいい点をとれるでしょうか?1日のうち最も記憶に残りやすい時間帯は、「寝る前に布団に入る直前」です。睡眠は学んだ知識を整理整頓してくれるということが科学的に証明されています。
ほとんどの人は、寝る前30分~1時間は、スマホを見たりテレビを見たり読書したりゆったりと過ごしていると思います。しかし、その時間帯はまさに学習のゴールデンタイム!この時間、特に効果があるのが「暗記」ものです。寝る前に10個暗記する。そして、コツその2で書いているように、翌日すぐに暗記しなおして、復習サイクルに乗せる。これで記憶の定着がバッチリとなります。

コツその4  声に出して覚える

あるものを記憶するときに、頭で考えるだけでなく「声に出して覚える」というのも大事なことです。教科書や参考書を読むとき、ほとんどの人は黙読しているのではないでしょうか?でも、これからは小さな声でもいいので声に出して覚えてみてください。黙読と声に出して覚えるのでは記憶の定着度が格段に違います。記憶力アップのためには、五感をフルに活用するのが効果的です。目で見ながら文字として手書きする。それを声に出して自分の耳で聴くというふうに。

コツその5  覚えたことはすぐ人に教える

記憶を定着させるには、覚えたことを自分の頭の中にだけ閉じ込めずに、「すぐに人に教える」ことによってアウトプットすることも大切です。ひとに教えるためには自分がそのことをしっかり理解していることが必要です。曖昧な理解では、説明もしどろもどろで質問にも答えられないですね。人に教えようという目的があればより集中して覚えようします。
今日学習したこと、新たに覚えたことは、何でもその日のうちに家族や友人に教えましょう。例えば覚えたことが出ている教科書などを見ながら質問してもらって答えるような形式でもいいと思います。もしそこで会話が進めば、それが新たな記憶のトリガーとなり、時間が経っても「あの時こんな会話をしたなあー」思い出しやすくなります。
人に教えることを前提に学習すると記憶の定着度が半端なく高くなるので、常に「これはあとで家族に教えよう」という気持ちで覚えることをお薦めします。

コツその6  時間を決めて覚える

皆さん、勉強するとき、ついついだらだらと時間をかけて学習していませんか?先ほどの「コツその5」と共通することですが、時間を決めて覚えると記憶の定着度が高まります。制限時間を設けるとその終了時間にあわせて覚えようという意識が働き、集中力が一層アップします。
例えば英単語10個を暗記するとき、あらかじめ20分で覚えると決めてから始めてみましょう。だらだらと時間をかけて覚えるより格段に記憶に残りやすいはずです。そして、終了時間がきたらまだ残っていてもきっぱりとやめて、残った分は翌日にやりましょう。
時間を決めてやるとスタイルを、勉強だけに限らず、家事やスポーツの練習など日常生活のあらゆるシーンで導入すると、以前より集中力が俄然高まり、効率がよくなることに気づくはずです。と同時に、メリハリのきいた生活を手に入れることにもつながります。

コツその7  目立つインデックスやマーキングを使う

五感を使って覚えると効果的だと書きましたが、五感のうちの「視覚」で覚えることも記憶力アップにつながります。具体的には、特に記憶したい箇所を他の箇所と見た目で変化をつけることによって視覚に訴え、「記憶のトリガー」を作ることです。お薦めは、「目立つインデックスやマーキングを効果的に使う」ことです。皆さんはすでに、大事なところに紙の付箋や蛍光ペン、あるいは赤色のアンダーラインなどで目印をつけていると思います。でも、特に目立たせたいところでも同じ目印を使っていませんか?そうだと、後々見直したときに特に大事な箇所も埋もれてしまい、記憶に残らないことになってしまいます。
ここは絶対に暗記したいというところは、他のところとは違う目印を使いましょう。付箋や蛍光ペンであれば、より目立つカラーにするとか、蛍光ペンの上から赤丸で囲むなど目立たせる工夫をしましょう。

eトレ導入1ヶ月

以前から導入を検討していた自立型学習システム『eトレ』を7月6日から導入して、1ヶ月が経過しました。まだまだ十分に活用できてない状況ですし、もちろんその効果もこれからの段階かと思いますが、塾生の子たちの関心が高まりつつあり、個々の学力向上に結びついていくのではないかと手応えを感じているところです。

学習塾の使命は?

学習塾を運営している一人として、いつも自問自答している永遠の課題です。1983年3月に藤原塾を開設して今年で38年目に突入しています。
将来ある小中高生をお預かりしている以上、学習塾は、家庭、学校、地域とともに、子どもたちを社会に貢献できる人に育てるという責任の一端を担っていると信じていて、開設以来、当塾の運営の柱に据えています。
しかしながら、家庭や学校に比べて、お預かりしている時間に制約があること、ツールや資源も十分でないことなどから、その機能に自ずから限界がるあることも認識しています。
このため、学習塾は、ご家庭の期待に添い、当面の目標としては学力向上に焦点をあてていかなけれればならないと考えています。

学力はどうすればアップするか

これも学習塾の永遠の課題・・・(^-^)
また、これがわかれば、それを伝えるのが学習塾の使命になるんだと思います。
藤原塾としては、38年の経験から、学力向上のために必要な要素として次の3つが重要だと考えています。

①主体性を引き出す!
学力(=学ぶことによって獲得した知識)向上の最大の秘訣は、解るまで繰り返しやること。これはわかりきったことですが、こんな簡単なことが実はなかなかできないのです。往々にして「解ったつもり」になって先に進んでしまいがちです。ところが、これを誰にでも無理なく手に入れる方法があります。「解るまで先に進ませない」仕組みを組み合わせることです。ただし、この場合、「解る」というのは、「解ったつもり」ではなく、「できる」ということだいうことを理解しなければなりません。この仕組みを取り入れることによって、思考力・暗記力が養われますが、何より、繰り返しやることの目的がはっきりし、「やらされてない。解る(=できる)までやるんだ」という「主体性」が引き出されてきます。

②自信を伸ばす!
真面目に学校の授業や塾での集団授業を受けることによって子どもたちは一定の理解を示します。しかし、理解したつもりでこのまま放置すると、本当の学力として定着しません。理解したことをすぐに実践してみる。習ったことをその場で試してみる。この繰り返しによって「自信」が生まれます。普通の授業を聞いているだけの学習方法では、「習ったつもり」、「理解したつもり」学習で終わってしまいます。理解したことをすぐに演習問題として取り組み解いていく。この過程を繰り返しやっていくことによって「できる」までの自分のペースがつかめてくるのです。「理解」と「実践」このキャッチボールのような繰り返しが「自信」を伸ばします。

③やる気を起こさせる!
どんな人間でもいきなり山の頂上に立つことはできません。その山が高ければ高いほど、険しければ険しいほど困難な道のりです。でも、登りやすい階段があれば、誰でも「一歩ずつ」着実に登ることによって頂上に立つことが可能です。勉強も同じです。階段のように、コツコツと「スモールステップの達成」を積み重ねていけば、誰でも学習の頂点に立つことができるのです。自分の力で問題を解くことによって勉強が苦しいものから楽しいものに感じられるようになってきます。自分の力でやり抜き、達成したときの喜びが、次の「やる気」につながり、一歩ずつの積み重ねが実現します。

このように、一問一問自分の力で解けるようになって大きな「自信」が育ち、その成果は成績という見える形で必ず現れ次のステップに取り組む「やる気」が生まれてきます。そうなると、子どもたちは、楽しみながら勉強に「主体的」に取り組むようになってきます。そして自然と学力が向上します。これが藤原塾の目指す自立学習です。自立学習によって身につけた「主体性」は勉強だけにとどまらず、大人になって社会に出てからも大いに役に立つはずです。

習熟度別学習システム「eトレ」の導入

当塾では、これまで、子どもたちに実践力を身につけてもらうために、様々な試行錯誤を繰り返してきましたが、基本は、個々の習熟度にあわせて、問題集をその都度コピーして問題を与え解いてもらっていました。その子どもにあった問題の選定、理解程度の把握は、講師の経験に基づく主観に依っていました。講師の主観に基づく指導は、子どもたちからすれば「やらされている」感覚が強く、これでは、子どもたちの勉強に対する主体性が育たないのではないかと常に危機感を抱いていました。
そこで、以前から導入を検討していた、習熟度別学習システム「eトレ」を7月から導入しました。
「eトレ」は、個々に合わせたペースで、習熟度別に対応した問題を用意できる教材として評価されている教材で、これを導入することによって、繰り返し演習とスモールステップを通じて本物の学力定着が期待できると考えています。トップ校を目指す子から、基礎を学び直したい子、さらには勉強がわからなくなった学年や単元までさかのぼっての学習が必要な子まで、それぞれに適した内容を自由自在に提供できる教材です。
当塾は、アルバイト講師は使わずに、プロの講師だけで運営しています。従って、教務力には自信を持っていましたが、eトレの導入により教材力が圧倒的にアップしました。今後は、この教材の活用力を強化することによって、学習塾としての総合力をさらに高めていけると確信しています。

すべての塾生の学力底上げを目指して

学力向上にとっての3つのキーワード。「自信」、「やる気」、「主体性」。
当塾でも、すでにこの3要素を身につけつつある子もいますが、大半は、主体性に乏しい、「やらされている」子たちです。「やる気」もまだまだの子が多いです。まずは、小さな「自信」を引き出すことから始めることが大切だと思っています。
eトレを自由自在に活用して、自立学習が可能な「一人で勉強できる子」に育てていきたい。でも、こんな子たちばかりになると塾はいらなくなりますね。(^-^)

入塾・転塾を検討されている皆様へ

藤原塾では、自立型学習システム「eトレ」の導入を記念して、9月末日までの期間限定で新学期生徒募集キャンペーンを実施しています。授業料最大4,000円割引などの特典をご用意しています。詳しくはこちらをご確認ください。